KAJIQuality モノづくり一貫体制
超高圧ガス、特殊ガスなどお客様のあらゆるニーズにお応えできる力をつけ、
維持し、進化させることが、加地テックの目標であり誇りです。

設計

【時代の最先端で多彩かつ高度なニーズに挑む】


石油化学や産業ガス向けのコンプレッサは、取扱ガスは広範囲に亘り、要求仕様も多種多様であるため、当社はオーダーメイド方式の生産体制を採ります。 オーダーメイド方式の設計では量産品と異なり製品に対する設計部門の比重は大きいものとなります。国内では国内法の適用を受けるもの、国外では海外法規の適合を要求されるものがあり、その要求に応じて設計する必要があり、設計部門はコンプレッサ製造の中で大きな役割を担っています。


一般的には2次元や3次元のCADを用いて、熱交換器の化工計算プログラムや、高圧ガスの強度計算プログラムなどで膨大な実績から最適な設計を行いますが、新規設計を行う場合は、構造解析や応力解析が重要な役目を果たします。往復動コンプレッサには構造上、吸込/吐出ガス系統で気柱振動が発生します。振動防止のために脈動解析プログラムにより気柱振動を低減します。

オーダーメイド方式の特殊コンプレッサであっても消費電力の効率化は不可欠です。流体解析プログラムを使用してシリンダや吸込弁や吐出弁の新たなシリーズの設計に取り組みます。