燃料電池フォークリフト水素充填用 超高圧圧縮機の納入

燃料電池フォークリフト水素充填用 超高圧圧縮機の納入

 株式会社加地テック(代表取締役社長 中澤 敬)は関西国際空港内に建設された、燃料電池フォークリフト(以下、FCFLという)充填設備用の超高圧圧縮機を大規模水素インフラの開発・整備・運用を手がける岩谷産業株式会社様より受注し、このほど納入致しました。

 当設備は関西エアポート株式会社様が推進 するスマート愛ランド構想のひとつである水素グリッドプロジェクトの取り組みとして環境への負荷を抑えた空港運営を目指す中、株式会社豊田自動織機様、岩谷産業株式会社様が共同で、環境省の「C02排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」を活用し、導入したものです。
 関西国際空港では、2015年2月より実証事業が実施されておりましたが、2016年には環境省の「物流分野におけるCO2削減対策促進事業」を活用して、FCFL市販車両(1号車)が導入されております。

 当該圧縮機は当社が水素ステーション用として開発した超高圧水素圧縮機 【 HyKom340 】 に採用しているノウハウを活かし、高い信頼性・安全性・耐久性を確保したノンリーク・オイルフリー型圧縮機です。

 当社は水素圧縮機のトップメーカーとして、サスティナブルな水素社会の実現に向けて、幅広い製品の開発・改良・低コスト化に取り組んでまいります。

VD4-100GH-OL型ノンリーク・オイルフリー超高圧水素圧縮機
(仕様)
吸入圧力 0.6MPa
吐出圧力 40MPa
吐出流量 300Nm3/hr
■お問い合わせ先
株式会社加地テック 営業部
東日本地区担当: 南
TEL: 03-3232-2651 E-MAIL:
西日本地区担当: 安田
TEL: 072-361-9500 E-MAIL:
燃料電池フォークリフト水素充填用 超高圧圧縮機の納入