会社の歴史
製品の歴史
1905
加地弁二氏が繊維機械の製造を目的とし、
大阪市桜川町で創立
創立当時の全景スケッチ
1900
1930
1934
空気コンプレッサの試作・研究に着手
コンプレッサ1号機
1959
神田駅前に東京営業所を開設(現:東京支社/江戸川区)
当時の東京営業所(小さなビルの2階1室(5坪))
1950
1954
農業用動力噴霧機の生産・販売を開始
農業用動力噴霧機の組立工場
1958
オイルフリーコンプレッサの製造開始
1962
株式公開、大阪証券取引所第二部に上場
資本金は1憶2000万円
1960
1962
空気コンプレッサ EAGLEがJIS規格対象機種となる
JIS規格対象機種となったコンプレッサ EAGLE
1964
美原工場の完成、本社を美原町(現:堺市美原区)に移転
第1期工事が完了した美原工場全景
1963
加地シャルパンティエ式 タイヤコード直撚機 国産第1号機を完成
加地シャルパンティエ式 タイヤコード直撚機
(Tyre Cord Direct Cabling Machine)
1968
高圧ガス保安法に基づく試験製造認定事業所を取得
認定銘板
1969
SF6ガス回収装置1号機を製作
1970
1970
98MPa超高圧コンプレッサを開発
超高圧コンプレッサ HQ5A-75H型
1973
10.78MPa高圧オイルフリーコンプレッサをシリーズ化
1974
オイルフリーガスコンプレッサ1号機を納入
オイルフリーガスコンプレッサ
1980
建築業法による建設業許可(般55-55307)を取得
1985
ガス事業法に基づく溶接施行法の認可取得と溶接工場の建設
溶接作業
1980
1985
原子力発電所向けコンプレッサ納入
YD2-180S-OL
1986
高圧ガス保安法に基づく試験製造認定範囲(複合機器認定)の拡大
電気事業法に基づく溶接施行法の認可取得
1987
核燃料物質・燃料物質および原子炉の規制に基づく
溶接施行法の認可取得
1991
社名を株式会社加地鉄工所から
株式会社加地テックに変更(資本金14億4千万円へ)
新社名を掲げた正門前の看板
1990
1993
ステンレス溶接工場を建設
ステンレス溶接工場
1997
品質管理・品質保証の国際規格 ISO9001認証取得
1997
PETボトル成形用コンプレッサを量産
PETボトル成形用コンプレッサ
1999
CNG空冷オイルレスコンプレッサを開発
CNG空冷オイルレスコンプレッサ
2000
環境マネジメントシステムの国際規格 ISO14001認証取得
2000
2003
天然ガススタンド「KAJIエコ・ステーション」開業
KAJIエコ・ステーション
2004
110MPa超高圧水素ガス空冷オイルレスピストンコンプレッサ開発
110MPa超高圧水素ガス空冷オイルレスピストンコンプレッサ
2007
水素ステーション向けに40MPa水素ガス超高圧コンプレッサ納入
2010
2010
大型水平対向型(横型)コンプレッサ開発
大型水平対向型(横型)コンプレッサ
2015
三井造船株式会社(現:株式会社三井E&S ホールディングス)と
資本業務提携
2017
TOBにより三井造船株式会社
(現:株式会社三井E&S ホールディングス)の連結子会社化
2018
東京支社(高田馬場)・サービスセンター(千葉県習志野市)が、
葛西臨海公園へ移転
2014
水素ステーション用(82MPa)
一括昇圧型コンプレッサ HyKom340の販売開始
水素ステーション用(82MPa)一括昇圧型コンプレッサ HyKom340
2021
本社 総合組立工場建設
総合組立工場完成予定図
2020

ご意見・ご質問など、お問い合わせは、こちらからお願いいたします。

お問い合わせフォーム矢印
トップに戻る