bnr_corp

沿革

1905 加地弁二氏が繊維機械の製造を目的とし、大阪市桜川町で創立
1914 堺市三宝町に移転
1934 株式会社に改組
空気コンプレッサの試作・研究に着手
1950 丸紅株式会社の資本参加
1958 オイフルリーコンプレッサの製造開始
東京営業所を開設(現東京支社)
1962 空気コンプレッサ「EAGLE」がJIS規格対象機種となる
株式公開、大阪証券取引所第二部に上場
1963 資本金2億4千万円
加地シャルパンティエ式
タイヤコード直撚機 国産第1号機を完成
1964 美原工場の完成
本社を美原町(現堺市美原区)に移転
1966 給油式コンプレッサをモデルチェンジ
1968 高圧ガス保安法に基づく
試験製造認定事業所を取得
1969 SF6ガス回収装置1号機を製作
スパン糸用高速二重撚糸機【NTK-15】を開発
1970 高速合撚糸機【D-140】を開発
梳毛糸用高速二重撚糸機【HIT-MAC-10】を開発
1000kg/cm2超高圧コンプレッサを開発
オイルフリーコンプレッサをシリーズ化
1972 タイヤコード直撚機【D.T.Cabler】を開発
1973 110kg/cm2高圧オイルフリーコンプレッサをシリーズ化
1974 オイルフリーガスコンプレッサ1号機を納入
1980 鋳造工場に電気炉導入
自動造形ライン設置 建築業法による
建設業許可(般55-55307)
1985 原子力発電所向けコンプレッサ納入
ガス事業法に基づく溶接施行法の認可
1986 高圧ガス保安法に基づく
試験製造認定範囲(複合機器認定)の拡大
電気事業法に基づく溶接施行法の認可
1987 核燃料物質・燃料物質および原子炉の規制に基づく
溶接施行法の認可
1991 資本金14億4千万円
社名を『株式会社 加地鉄工所』から
『株式会社 加地テック』に変更
1993 ステンレス溶接工場を建設
DC2000型タイヤコード直撚機を開発
ガラス繊維用大型撚糸機【D-227G】を開発
1994 サービスセンターを開設
1997 品質保証国際規格ISO9001認証取得
1999 CNG空冷オイルレスコンプレッサを開発
2000 環境マネジメントシステム
国際規格ISO14001認証取得
大阪支店を開設
2003 天然ガススタンド「KAJlエコ・ステーション」開業
2004 110MPa超高圧水素ガス
空冷オイルレスピストンコンプレッサ開発
2005 創立100周年
2007 大阪府庁前水素ステーション向けに
40MPa水素ガス超高圧コンプレッサ納入
2010 大型水平対向型(横型)コンプレッサ開発
2014 水素ステーション用(82MPa)一括昇圧型コンプレッサ
HyKom340 」 の販売開始
2015 三井造船株式会社と資本業務提携
大阪支店を本社へ統合
2017 TOBにより三井造船株式会社の連結子会社化