国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造プロジェクト/カーボンニュートラル実現へ向けた大規模P2Gシステムによるエネルギー需要転換・利用技術開発」採択について

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造プロジェクト/カーボンニュートラル実現へ向けた大規模P2Gシステムによるエネルギー需要転換・利用技術開発」採択について

 株式会社加地テック(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:鈴木博士、以下「当社」)は、山梨県企業局様を幹事企業とするコンソーシアム「やまなし・ハイドロジェン・エネルギー・ソサエティ(H2-YES)」(*)の一員として、グリーンイノベーション基金事業における国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成金事業の採択を受けました。

 当社は、カーボンニュートラル社会の実現を目指して、水素ステーション用をはじめとしたサプライチェーンに必要となる圧縮装置の開発・製造を進めています。本実証事業では、水素圧縮装置で培ってきた技術に関する知見を活かして、P2Gシステムで製造するグリーン水素の価値を向上させるシステムの開発に取り組んで参ります。

(*)山梨県企業局・東レ株式会社・東京電力ホールディングス株式会社・東京電力エナジーパートナー株式会社・日立造船株式会社・シーメンス・エナジー株式会社・三浦工業株式会社・ニチコン株式会社・株式会社加地テック

・2021年9月1日 共同記者会見

「グリーンイノベーション基金事業におけるカーボンニュートラル実現へ向けた大規模P2Gシステムによるエネルギー需要転換・利用技術開発に係る事業の開始について」
参考資料
ご参考)
「グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造プロジェクト」に係る実施体制の決定について
https://www.nedo.go.jp/koubo/SE3_100001_00001.html